看護師の求人は年収だけで決めてはいけない

医療機関の人材不足は深刻で、医療機関専門の求人誌や求人サイトを眺めてみると、求人の数は豊富にある。
特に看護師については、多くの医療機関で不足しており、求人数は非常に多い。
つまりどこの医療機関も看護師を確保するために、高い年収を条件にしている。
たしかに年収は大切だが、看護師として就職するときに年収だけに注目してはいけない。
就職し、長く勤務するならば大切なのは年収よりも勤務体系や福利厚生である。
看護師ならば夜勤や早朝出勤などがあるので、自分にとって無理の無い勤務体系であるかを確認する必要がある。
今後も医療機関における看護師不足は完全に解消される可能性は低い。
つまり、年収を高くして看護師を確保しようとする医療機関が増える可能性があるが、それ以上に勤務体系や福利厚生を重視しよう。